画像:トップイメージ

  • てんかん学分野では、てんかんという疾患を究めます
  • てんかんは、脳の興奮(=発作)をくり返す疾患です
  • 有病率は約1%で、日本の患者数は100万をこえます
  • 最新治療で、多くの患者さんは普通の生活を送れます

発作以外の悩みも多彩ですが、一緒に解決しましょう。(詳しくは、ようこそへ)

新着情報

アーカイブ

2017.11.13

神一敬准教授が、ビデオ脳波モニタリングに関する国際ガイドライン委員会の委員に選出されました

このたび国際臨床神経生理学会(IFCN)と国際抗てんかん連盟(ILAE)では、「長時間ビデオ脳波モニタリング検査」に関するガイドラインを作成する合同の委員会を発足することになりました。日本からは、てんかん学分野の神一敬准教授を含む2名の委員が選出されました。
てんかん診療では外来診療のみでは診断がつかない場合、入院の上で「長時間ビデオ脳波モニタリング検査」を実施する必要があります。これまで東北大学病院てんかん科で実施してきた「長時間ビデオ脳波モニタリング検査」の実績が認められ、神一敬准教授の委員選出につながったと思います。
神一敬先生、委員就任おめでとうございます!

2017.11.4

心理士の小川舞美が日本てんかん学会で優秀ポスター賞を受賞

2017年11月2〜4日と京都で開催されていた第51回日本てんかん学会学術大会において,東北大学病院てんかん科心理士,小川舞美が優秀ポスター賞を受賞しました.演題は「日本語版 Epilepsy Stigma Scale の作成とその信頼性および妥当性の検討」です.てんかんでは病名というレッテルで,自分の可能性を制限してしまう方が少なくありません.これを客観的に評価する調査法は英語圏には存在しましたが,日本語で評価する手法はまだ確立されていませんでした.小川らは今回,日本語版スケールを作成して実際に使用し,その信頼性と妥当性を評価することができました.写真は表彰状(左)と,受賞直後の小川舞美(左)と藤川真由助教です.おめでとうございます!

表彰状 優秀ポスター賞

受賞直後の小川舞美と藤川真由助教

2017.9.15

菅野彰剛講師が生体医工学シンポジウムでベストレビューアワードを受賞

2017年9月15・16日と上田(信州)で開催された生体医工学シンポジウム2017において,菅野彰剛講師は「投稿・発表された論文に対し,懇切丁寧に査読意見を頂き,著者に対して極めて有用かつ多大な教育的配慮が認められました」という理由で,ベストレビューアワードを受賞しました.写真は表彰状(左)と,シンポジウムのポスターです.おめでとうございます!

表彰状 生体医工学シンポジウムベストレビューアーワーアワード

生体医工学シンポジウム2017@上田(信州)

2017.8.24

企業・地域支援者向け公開講座「知って安心、てんかんと就労」のご案内

来る2017年10月5日(木)16:00より、株式会社LITALICOと、グラクソ・スミスクライン株式会社の共催にて、企業・地域支援者向け公開講座「知って安心、てんかんと就労」を開催します。講師は東北大学病院てんかんセンターの中里信和教授と藤川真由助教、仙台市障害者就労支援センターの齋藤涼平氏です。参加者を交えたパネルディスカッションも予定されています。てんかんでは社会の誤解や偏見も多く、働く現場でも、多くの当事者が自分らしく働くことができない問題に直面しています。周りの人が正しい対応をとることにより、この問題を解決していきたいと考えています。公開講座のパンフレットと参加申込書は、こちらのPDFをご覧下さい。

2017.7.5

インドネシア・アルハイラート大学(他)との部局間協定締結式にて記念講演を行いました

2017年7月5日、中里信和教授と柿坂庸介講師が、インドネシア・パル市のアルハイラート大学ならびにアナプトラ病院を訪問し、東北大学医学系研究科との部局間協定締結式へ出席し、記念講演を行いました。アルハイラート大学ならびにアナプトラ病院にとっては初めての外国の研究機関との協定であり、その様子は地元の複数の新聞で大きく取り上げられるなど、関心の高さが窺われました。今後は、遠隔会議システムを用いた定期的な検討会や、留学生の交換などを通じた研究協力をすすめることで、交流を展開することとなります。

2017.6.16

第11回日本てんかん学会東北地方会のプログラム・抄録集が公開されました

第11回日本てんかん学会東北地方会が,和田一丸先生(弘前大学大学院保健学研究科)を大会長として,2017年7月15日に仙台市(江陽グランドホテル)で開催されます.プログラム・抄録集が公開されています.(こちら

2017.5.25

Biomagnetic Sendai 2017 が成功裡に終了しました

2017年5月22日から24日までの3日間、仙台国際センターにて、中里教授を会長としてBiomagnetic Sendai 2017が開催されました。この学会は、国際臨床脳磁図学会、日本生体磁気学会、日本脳電磁図トポグラフィ研究会の3学会の合同開催です。
生体の機能を電気と磁気で計測する技術に関する研究者が、基礎・臨床を問わず、また医学系・工学系を問わずに一同に介する貴重な機会となりました(写真1)。終了後のスタッフの集合写真も貼付します(写真2)。


(写真1)


(写真2)

2017.4.27

「Biomagnetic Sendai 2017」のプログラムが更新されました

2017.5.22~24 仙台市で開催の「Biomagnetic Sendai 2017」は,国際臨床脳磁図学会,日本生体磁気学会,日本脳電磁図トポグラフィ研究会の3つの学会の合同です.シンポジウムおよび口演セッションのプログラムが公開されています.(こちら

2017.4.25

柿坂庸介講師が2016年度 The Best Teacher Awards を受賞しました

東北大学医学部では医学部教室員会とよばれる教授以外の医師で構成される組合があり、医学科5年生による小グループ制の臨床実習に参加した学生たちの投票による<The Best Teacher Awards>があります。趣旨としては「理想的な指導をしている先生を選んで表彰する」ものであり、2016年度の本賞には、てんかん学分野の柿坂庸介講師が選出され、本日、表彰式が執り行われました.投票した学生からは「放ったらかしにせず親身に指導をしてくれた」,「てんかんの基礎知識から実臨床に則した内容まで丁寧に教えてくれた」と言った声が聞かれました.てんかん科は全学生の約1/4程度しか実習を行っていませんので、全員投票による受賞はきわめて異例です。柿坂庸介先生,おめでとうございました!


受賞の柿坂庸介講師(左)と、投票した一人と推測される医学科6年生(右、本人の許可を受けて掲載)

2017.4.3

4月から新しいメンバーが加わりました。

てんかん学分野・てんかん科には、2017年4月から新しく5名のメンバーが加わりました。
医員として、上利大先生は広島市民病院からの国内留学です。神経内科専門医の即戦力です。同じく医員として、高山裕太郎先生は横浜市立大学からの国内留学です。脳神経外科専門医のこちらも即戦力です。精神保健福祉士の小川舞美さんは、今春、東北大学教育学研究科修士課程を卒業され、新たに病院スタッフとして心理社会評価面での活躍を期待しています。医学博士課程には中嶋恭彦さんが入学しました。放射線技師の資格をもち、脳磁図の研究を展開する予定です。障害科学修士課程には植田和さんが入学しました。今春、立教大学現代心理学部心理学科を卒業されました。てんかん患者さんを心理的・社会的にサポートする研究を行う予定です。
以上の5名を含むスタッフ・大学院生の紹介は、こちらをご覧下さい。